特定労働者派遣事業

21世紀に飛躍する企業にとって必要なことは、経営のスピードとチャレンジです。人材も抱えすぎると、経営に負荷がかかり、スピードが低下します。定常的な業務はもちろん新規事業のチャレンジに必要な人材も、内部資源にこだわっている時代ではありません。「所有」する時代から、「活用」する時代となっています。ナイン・コートは企業様のこうしたニーズに的確に対応し、最先端のスキルを身につけた人材を派遣形態により、先端的な情報企業等にスタッフを派遣しています。

厚生労働大臣認可番号 (般21)-第23434号
特定労働者派遣事業 特42-300583

合理的に人材を確保

時期や時間などの様々な条件を任意に設定できます。

1.時期
繁忙期や欠員がでたときなど、急な人員補充に対応可能
2.期間・時間
開始~終了の時期、就業時間も必要性に応じて任意に設定可能
3.スキル
派遣先企業様のご希望条件に最適なスキルをもった人材をご紹介

高いコストパフォーマンス

必要なときだけ活用できる人材派遣で、人件費の大幅コストダウンが可能です。

人件費削減

給与、教育費用、社会保険料などの人件費を考えたとき、正社員を雇用するよりも人材派遣を活用した方が大変お得です。
賞与、手当、退職金、有給休暇取得時給料、社会保険料、定期健診料がかかりません。
また、教育費、福利厚生費についても基本的に不要となります。

人事・総務・教育部門の業務軽減

募集・採用業務、給与計算・支払、社会保険の加入喪失・給付手続き、労災保険手続き、退職手続き業務が不要です。
専門性がある派遣スタッフのため、即戦力性が高く教育の必要は僅少です。

効率的な雇用環境

契約期間などにより合理的な管理が可能です。

勤怠管理

勤怠管理は確認作業のみです。
ただし、派遣先企業としての責務から、指示、確認、苦情処理業務は発生します。
契約期間の設定によって、合理的・合法的雇用調整も可能です。

部署の活性化

短時間での成果を求められる派遣スタッフは、その分意識が高いため、模範として効果も期待でき、当該部署を活性する見込みもあります。